設立ストーリー

2019年9月の台風15号による被害がきっかけでした。その記録的な大型台風が過ぎ去った後には、大きくダメージを受けた家屋の数々、大量の杉の風倒木、長期間に亘る大規模停電といった大きな被害の爪痕が残されていました。身近に起こった被害のあまりの大きさに唖然としました。

襲ってきた台風の威力の大きさ、通過ルートなど、過去に前例のない規模の台風であったことは、メディアによって何度も伝えられていました。そんな中で私の目を引いたのは、一人の環境に詳しい専門家の意見でした。それは、台風そのものの威力を語るものではなく、現代の自然環境の衰退(破壊)こそが被害を拡大させた要因だという指摘でした。

人間はこれまで、自らの経済合理性、利便性のみを追求するあまり、環境破壊に対してはあまり注意を払って来なかったような気がします。その結果、地球環境にはゆっくりですが大きな変化が生じてしまっているのではないでしょうか。気温・海水温の上昇、異常天候、気候変動等々。人間は、地球上に棲む生き物の一員に過ぎませんが、自分達だけの欲望のために、全生物が拠り所とする地球を破壊(衰退)の危機に晒してしまってはいないでしょうか。

「地球環境」という言葉を出すと余りに大きな課題であるだけに、漠然とした問題提起となりがちで、且つ不安と自分一人ではどうしようもないという諦め感が頭をよぎってしまいます。しかし、マイエコバッグの使用によるスーパーのレジ袋の削減(Reduce)や、ペットボトルの分別回収(Recycle)、遊休物資の再利用(Reuse)などを思い浮かべれば、ベースにあるのは個人レベルの行動変化に依るものであり、その一つの行動が集まり大きな波に繋がっています。たとえ小さな一歩であっても、その一歩を誰も踏み出さなければ、何も変わりません。でも、誰かが一歩を踏み出せば、それに続く人が現れるかも知れません。そして一歩が、複数の一歩に繋がれば世の中は必ず変わる筈です。

次の世代に豊かな地球を残すために、自分も小さな一歩を踏み出してみようとの思いで、このt-mas株式会社の設立を決意しました。